家庭教師は、個人契約か業者か?

家庭教師を依頼するなら、個人でやっている家庭教師にお願いするか家庭教師派遣業者にお願いするかのいずれか2つのパターンが考えられます。では、果たしてどちらがベターなのでしょうか。この2つの比較をしながら見ていきたいと思います。

 

料金体系の違い

個人に依頼する場合、指導料は家庭教師本人に直接渡すことになります。対して業者に依頼する場合、ほとんどの場合指導料は業者側に振り込むことになります。業者によっては教材費を業者に払い、指導料を家庭教師に手渡しするというパターンもありますが希少なケースです。

 

つまり、

 

■ 個人:指導料=家庭教師への報酬
■ 業者:指導料=家庭教師への報酬+業者の取り分

 

となるため、家庭教師への報酬が同額だとすれば個人の方が割安となるのです。少しでもお金を節約したい場合は個人の方が向いていると言えるでしょう。

 

家庭教師の探し方の違い

いざ家庭教師に依頼するとなると、まずは講師とコンタクトを取ることが必要となります。個人の場合は町の掲示板や口コミを経由して連絡をするのが主な方法です。身近に大学生以上の年齢で講師を引き受けてくれるような人がいれば、その人に依頼するのもアリです。親戚に依頼するというパターンも多いですね。

 

対して業者の場合は、ネットで調べてさまざまな派遣センターを見つけることができます。お住まいの地域と条件が一致する講師がそのセンターに在籍していれば、すぐに講師を派遣してもらえます。

 

つまり、

 

■ 個人:自分の足で探す・身近な人に頼む
■ 業者:ネットで簡単に見つかる

 

ということですね。お手軽さで言えば業者の方に軍配があがります。個人の場合はその後のご近所付き合い・親戚付き合いに影響する可能性もあるので、慎重にならなければいけない場面です。

 

ただここでひとつ気をつけておきたいのが、お住まいの地域です。人口の多い地域なら家庭教師を見つけるのは簡単ですが、少ない地域であれば派遣センターに連絡をしても該当地域に通うことのできる講師が在籍していない可能性があるのです。

 

極端な話ですが、そういった場合には個人でお願いする方が早く講師が見つかるかもしれません。

 

トラブル発生時の対処の違い

家庭教師を依頼する際の難しい問題がトラブルへの対処。例えば講師の遅刻が目立つ場合や態度に問題があった場合、本人に改善をするよう要請する必要が出てきます。

 

こういう時に業者に依頼しているのであれば間に立ってもらうことができますが、個人であれば講師自身に直接言わなければなりません。

 

■ 個人;講師本人と直接交渉
■ 業者:業者側に対応してもらえる

 

こうなると業者に依頼する方が対処が楽であると考えられます。講師を変更する必要が出た時、現在指導にあたっている講師が何らかの事情で辞めることになった時も個人の場合ならまた新たに探し直さなければいけませんが、業者の場合は次の講師へスムーズに引き継いでもらえます。

 

したがって、人脈がある場合なら個人に依頼してもいいでしょうが、そうでもないのなら業者に依頼する方が圧倒的に親側の負担が少なくて済みます。業者選びさえ間違わなければいい結果が生まれることでしょう。

 

 

当サイト管理人のご挨拶とプロフィール

当サイトへようこそ。当サイト管理人である私の、プロフィール紹介をさせて頂きます。第2次ベビーブーム期に生まれましたので高校・大学と厳しい受験戦争をなんとか生き抜いてきた人間ですが、大学時代に学問の真の面白さに気づき大学院まで進学しました。研究者になることを夢見ていましたが諸々の事情で諦め、現在は塾講師として働いております。

異業種に就いた経験もありますが、学生時代のバイトを含めますと家庭教師や塾講師としての経験歴が圧倒的に長く、今は「教える」ことが天職だと思っています。

では、まず私自身の「家庭教師」との出会いについてお話ししましょう。小・中学校時代、私は大きな挫折を経験することもなく過ごしてきました。教育熱心な家庭に育ちましたし、負けず嫌いで努力家タイプの人間でしたので、学校でも常に上位の成績を取っていました。»続きを読む

 

【紹介!管理人のおすすめ情報】

    「関東、東北にお住まいの方におすすめ」

  • 家庭教師あすなろ

    【理由 1】やる気を引き出すのがうまい!
     お子さんが勉強に取り組みやすい環境づくりを大切にしており、保護者さんからの要望や意見にも誠実に対応してくれます。成績下位で勉強にやる気を無くしているお子さんでも、主体的に勉強に取り組めるように立て直しをしてくれるノウハウを持っています。

    【理由 2】他社より安い
     【1000円/30分】と授業料が他社より安いです。急な用事など、授業を行わなかった分は月謝から引いてもらえます。また、テキスト購入を強制されないのでさらに安くなる点にも、良心的なものを感じます。

  •  

    「家に来てもらいにくいご家庭におすすめ!しかも安い!」

  • 家庭教師のネッティー

    【理由 1】入会金0円、教材費0円、交通費0円でとても安い!
    家にはちょっと呼びずらい、田舎過ぎて家庭教師が来てくれないといったご家庭に、東大、早慶レベルの先生がみっちり教えてくれます。入会金0円、教材費0円(良心的!)、交通費0円でとても安いです。

     

    パソコンの画面を通してマンツーマン指導を受けることになるのですが、カメラとマイクの無料レンタルと設定サポートで無料体験学習を受けることができますので、思ったよりハードルは低いです。

     

    【理由 2】先生が優秀!(最難関大学生)
    パソコンを通してでも、いざ教えてもらってみると、案外問題ないです。東大、早慶レベルの選び抜かれた有名大学の先生が教えてくれると定評がある、関東では有名な「家庭教師ノーバス」の先生から教えてもらえます。

  •  

サブコンテンツ

このページの先頭へ