勉強が苦手な中学生の成績を伸ばしたいご家庭に緊急連絡!

 

勉強が苦手な中学生の成績を伸ばしたいご家庭に緊急連絡!

勉強が苦手な中学生の中学校での実態

実は、管理人は中学校の事務室で仕事をしていた経験があります。給食費の支払いや図書室の運営などを任されていたのですが、中学校に勤務していると、勉強が苦手な中学生の実態というものがよくわかりました。

 

基本的に、中学校は一斉指導のため、わからないところを聞くということが大変むつかしいです。自分が質問することで授業が中断するわけですから、クラスで力を持っている子でなければなかなか聞きずらいというのが実態です。スクールカーストなどと今では呼ばれますが、中学生の中には力関係が存在するので、力がない子が勉強が苦手のところを先生に聞くというのはとてもむつかしいことなのです。

 

私の勤めていた学校では、帰りの会が終わった後に、先生に聞きに来てもいいことになっていました。部活がない中3などはよく聞きに来る風景があったので、とてもいい雰囲気だな~と思っていました。ところが、学年によっては、「先生に聞きに行きにくい」ムードがあって、だれも聞きに来ない学年というのもあったのです。

 

どういうことかというと、その学年ではだれも先生に勉強の苦手なところを聞きにいかないので、「自分一人では勉強の苦手なところを聞きに行きにくい」のです。

 

だから、社会のような、暗記で得点できる科目の場合は、中学生が自力で得点力を上げていけるのですが、英語や数学のような、わからないところがあると、その先もわからない教科については、苦手な状態が続くというのが実態だったのです。

 

これは学校の構造的な問題なのかなと思います。頭がもともといい子は、先生に質問しなくてもするすると成績を伸ばしていけるのですが、そうではない中学生は、躓きから立ち直っていくのがむつかしく、勉強に対して苦手意識がだんだんとついてくるというったものが見られました。

 

勉強が苦手な中学生の塾での実態

そこで各ご家庭が真っ先に考えるのが塾です。ところが、学校と構造が一緒なんです。どういうことかというと、一斉指導のため、「わからないところがあっても聞きにくい」や「授業を止めてしまうのは、周りの子に気兼ねする」といった心理が働くのです。

 

学校とは別に、お金を払って塾に行くのですから、それに見合った成績を求めるのが親の心理なのですが、思うようにいかずなかなかもどかしいです。私も中学生の子供を塾に行かせた経験があります。本人が行きたいというので、中1の冬から生かせることにしました。

 

ところが、一年間全く学年順位が上がりませんでした。同級生たちが騒ぐような塾だったこともあるのですが、英語と数学において、全く成績が上がらず、中2の冬で本人が辞めると言ってやめました。

 

中2の3学期の期末テストでは、塾に行かないようになったから成績が下がるかなと思ったのですが、成績はキープでした。やはり、わからい所を聞かなければ、問題点は解消されないのでスムーズに学力が上がらないことを証明した一件だったと思っています。

 

こういう思いをしている中学生はたいへん多いのではないかと推察しています。

 

勉強が苦手な中学生にうってつけの方策

「だったら、勉強が苦手なうちの子にはもうどうすることもできないのか?」と思うのですが、いい方法があります。それは家庭教師です。

 

これはウチの子育ての話なのですが、私が直接教えてもよかったのですが、こういった顛末で、また反抗期でもあったため、別に家庭教師をお願いすることにしたのです。中3の一学期のことです。

 

来てもらう前は嫌がっていた子どもだったのですが、楽しい先生だったこともあり、嫌がらずに指導を受けていました。すると、とりわけ苦手な数学が、二学期、三学期になるころには、学年の平均点を上回るようになってきたのです。

 

結果、普通高校に行くことができたのですが、何だったのかというと、やはり、わからないところをしっかりと指導してもらえるので、英語、数学とも先に進んでいって、障害なく学力を伸ばせたんです。特に数学などは、躓いた箇所があると一歩も前に進めないので、努力しようにも、問題集を前にうんうんうなって、いたずらに時間が過ぎ去っていくのです。

 

また、家庭教師の先生が勉強が苦手な中学生にきわめて有効なのかというと、中学生のやる気を引き出すことが、家庭教師の業務の、最も大事なところと理解している家庭教師業者があるためです。こういった業者を引き当てると、わからないところを解決してもらうことともう一つ、中学生の勉強へのモチベーション(意欲)を引き出してもらうことができるのです。

 

そういった点で、下記に、その二つを満たしている業者さんを紹介しておきます。

 

 

当サイト管理人のご挨拶とプロフィール

当サイトへようこそ。当サイト管理人である私の、プロフィール紹介をさせて頂きます。第2次ベビーブーム期に生まれましたので高校・大学と厳しい受験戦争をなんとか生き抜いてきた人間ですが、大学時代に学問の真の面白さに気づき大学院まで進学しました。研究者になることを夢見ていましたが諸々の事情で諦め、現在は塾講師として働いております。

異業種に就いた経験もありますが、学生時代のバイトを含めますと家庭教師や塾講師としての経験歴が圧倒的に長く、今は「教える」ことが天職だと思っています。

では、まず私自身の「家庭教師」との出会いについてお話ししましょう。小・中学校時代、私は大きな挫折を経験することもなく過ごしてきました。教育熱心な家庭に育ちましたし、負けず嫌いで努力家タイプの人間でしたので、学校でも常に上位の成績を取っていました。»続きを読む

 

【紹介!管理人のおすすめ情報】

    「関東、東北にお住まいの方におすすめ」

  • 家庭教師あすなろ

    【理由 1】やる気を引き出すのがうまい!
     お子さんが勉強に取り組みやすい環境づくりを大切にしており、保護者さんからの要望や意見にも誠実に対応してくれます。成績下位で勉強にやる気を無くしているお子さんでも、主体的に勉強に取り組めるように立て直しをしてくれるノウハウを持っています。

    【理由 2】他社より安い
     【1000円/30分】と授業料が他社より安いです。急な用事など、授業を行わなかった分は月謝から引いてもらえます。また、テキスト購入を強制されないのでさらに安くなる点にも、良心的なものを感じます。

  •  

    「家に来てもらいにくいご家庭におすすめ!しかも安い!」

  • 家庭教師のネッティー

    【理由 1】入会金0円、教材費0円、交通費0円でとても安い!
    家にはちょっと呼びずらい、田舎過ぎて家庭教師が来てくれないといったご家庭に、東大、早慶レベルの先生がみっちり教えてくれます。入会金0円、教材費0円(良心的!)、交通費0円でとても安いです。

     

    パソコンの画面を通してマンツーマン指導を受けることになるのですが、カメラとマイクの無料レンタルと設定サポートで無料体験学習を受けることができますので、思ったよりハードルは低いです。

     

    【理由 2】先生が優秀!(最難関大学生)
    パソコンを通してでも、いざ教えてもらってみると、案外問題ないです。東大、早慶レベルの選び抜かれた有名大学の先生が教えてくれると定評がある、関東では有名な「家庭教師ノーバス」の先生から教えてもらえます。

  •  

サブコンテンツ

このページの先頭へ