7月から中3生が高校の受験勉強に間に合わせる方法

 

結論から言うと、7月から初めて点数を飛躍的に伸ばすには、これしかないという方法があります。

 

7月から受験勉強を始める場合、弱点教科を大幅に伸ばすことです。60点を80点にするには苦労する割に20点アップにしかなりません。しかし、10点を50点にしていくことで最小限の努力で40点アップを狙うのです。

 

ただし、塾に通わせた場合、ほかのお子さんとの一斉指導のため画一的な指導にならざるを得ず、お子さんの実情に即した指導を受けることが難しいため、弱点強化には向いていません。お子さんのことを一対一できめ細かく見てもらうために家庭教師を選ぶべきです。

 

家庭教師の見極めですが、お願いする家庭教師が短期間で実力を伸ばすノウハウを持っていることが重要です。個人の家庭教師にお願いするなら、十分な見極めが必要です。なぜなら、家庭教師によって実力がまちまちであり、そもそも、短期間で学力を伸ばすノウハウを持っているかどうか未知数だからです。

 

決めかねるなら、こちらの家庭教師業者を検討することをお勧めします。指導ノウハウを組織として共有しており、低学力の生徒を伸ばすことにかけては、業界内でもとりわけ得意としています。かつ、お子さんの受験勉強へのモチベーションを引き上げるノウハウを持っているため、短期決戦で合格を狙うのにはうってつけです!

 

結論からいうと、一斉指導の塾では一気に学力を上げるのはむつかしいです 優秀な家庭教師にお願いするのが最善策です

中3生の7月は、部活も終わり受験勉強に入っていく時期です。残りは、8,9,10,11,12,1,2月の7か月です。ぼやぼやしていては、やる気のある中学生にどんどん差を広げられてしまいます。どういうことかというと、自主勉強に取り組んでいく気持ちがある中学生はどんどん得点力を上げていけるのに対し、やる気のない中学生はどんどん差を広げられていってしまうのです。

 

塾は、基本的に一斉指導ですから、わからなかった点を聞くのは、なかなか度胸がいります。塾の中で地位の高い中学生は聞けますが、発言力のない中学生にとっては、自分の質問で授業を止めさせるというのは極めてむつかしいのです。そして、英語、数学のような、わからないと次に進めない教科については、まったく得点力が上がってこないのです。

 

一度説明を受けたら理解できる中学生なら、塾はいいと思います。友達同士なので、競って張り合いも出ます。しかし、中3の7月から大きく点数を上げるためには、弱点の教科を重点的に勉強することです。なぜかと言うと、点数の取れていない教科というのは伸びしろのある教科だからです。60点の教科を80点のするよりも、10点の教科を50点にするほうが少ない時間で大きな効果が出るのです。

 

もっとも、勉強は始めてすぐに身に付くものではなく、何度も反復的に繰り返し行うことで定着させるものです。受験本番までの時間を考えるとどう見ても足りないのです。

 

中3の7月からなら、勝負はこれからなのですが、やる気がある中学生にとっては本腰を入れるチャンスなのですが、やる気がない中3には、差を広げられるピンチといえます。

 

中3の7月から高校受験に間に合わせるためには

7月から開始した受験勉強でどうしても合格したい学校があるという場合、打つ手はあります。

 

まずは高校受験に強い家庭教師に依頼をしましょう。分からないところを聞けるので、躓きを取り除いてくれるので、とりわけ英語、数学はスムーズに次へと進んでいけるようになるので、大幅な改善が見込めます。そして、これが見逃せない点なのですが、家庭教師によっては、中学生のモチベーションを上げるノウハウも持っています。

 

中学生のモチベーションを引き上げることができるかどうかというのは、実は家庭教師に求められるテクニックです。塾の先生がお子さんのモチベーションを引き上げるよりも、家庭教師のほうが期待ができます。なぜなら、1対1でお子さんの性格を知ろうとしてもらえるので、そのお子さんの性格にあった働きかけをしてもらえるからです。

 

中3のモチベーションを引き上げることができれば、とりわけ暗鬼教科は、中3生の独力で得点力を上げていくことも可能です。また、英語、数学に関しては受験問題を解くノウハウを伝授してもらい、どんどん得点力を上げていくことが可能です。

 

家庭教師の力を借りれば、7月からの受験勉強には勝算があります。

 

3学期に入って、複数の滑り止めを受験するのは時間のロスにも繋がりかねません。最小限に抑えて受験させましょう。ベストなのは複数のコースを併願できる私立高校で、もし受験したコースに合格できなくても下のコースが受け皿となるところです。

 

1校ぶんの受験で上下コース2回の合格チャンスが得られるため、今回のような時間が足りないケースにはぴったりです。もちろん受験するコースも子ども本来の学力に近い偏差値のコースであることが理想的です。

 

お正月休みは全く遊べない苦しい時期になりますが、例え短期でもそれだけの本気度を発揮して勉強に打ち込めれば、志望校に合格できる道も開けてきますし、例え思うような結果が得られなかったとしても、子ども本人にとっては何事にも代えがたい経験としてその後の人生を変えるターニングポイントとなることでしょう。

 

7月から家庭教師を選ぶのに抑えておいてほしいこと

塾よりも家庭教師がいいと話してきましたが、7月から志望校合格に向けて、ガンガン学力を伸ばしていくためには、家庭教師の力量の見極めも必要です。個人の先生の場合ちょっと見極めがむつかしい部分があるということも覚えておいてください。

 

それにくらべ、優秀な家庭教師会社には組織で指導ノウハウを共有しています。下記で紹介する家庭教師派遣業者は、短期間で低学力の生徒の実力を引き上げる方法を、組織として共有し、各家庭教師に指導ノウハウを教え込んでいます。また、生徒のモチベーションを上げるノウハウもすごいので、7月から短期間で点数を伸ばすのにはこれ以上ない家庭教師業者だといえます。

 

 

当サイト管理人のご挨拶とプロフィール

当サイトへようこそ。当サイト管理人である私の、プロフィール紹介をさせて頂きます。第2次ベビーブーム期に生まれましたので高校・大学と厳しい受験戦争をなんとか生き抜いてきた人間ですが、大学時代に学問の真の面白さに気づき大学院まで進学しました。研究者になることを夢見ていましたが諸々の事情で諦め、現在は塾講師として働いております。

異業種に就いた経験もありますが、学生時代のバイトを含めますと家庭教師や塾講師としての経験歴が圧倒的に長く、今は「教える」ことが天職だと思っています。

では、まず私自身の「家庭教師」との出会いについてお話ししましょう。小・中学校時代、私は大きな挫折を経験することもなく過ごしてきました。教育熱心な家庭に育ちましたし、負けず嫌いで努力家タイプの人間でしたので、学校でも常に上位の成績を取っていました。»続きを読む

 

【紹介!管理人のおすすめ情報】

    「コロナ感染の心配がない!安くて先生が優秀!」

  • 家庭教師のネッティー

    【理由 1】入会金0円、教材費0円、交通費0円でとても安い!
    家にはちょっと呼びずらい、田舎過ぎて家庭教師が来てくれないといったご家庭に、東大、早慶レベルの先生がみっちり教えてくれます。入会金0円、教材費0円(良心的!)、交通費0円でとても安いです。

     

    パソコンの画面を通してマンツーマン指導を受けることになるのですが、カメラとマイクの無料レンタルと設定サポートで無料体験学習を受けることができますので、思ったよりハードルは低いです。

     

    【理由 2】先生が優秀!(最難関大学生)
    パソコンを通してでも、いざ教えてもらってみると、案外問題ないです。東大、早慶レベルの選び抜かれた有名大学の先生が教えてくれると定評がある、関東では有名な「家庭教師ノーバス」の先生から教えてもらえます。

  • 「関東、東北にお住まいの方におすすめ、安くて成績が上がる!」

  • 家庭教師あすなろ

    【理由 1】やる気を引き出すのがうまい!
     お子さんが勉強に取り組みやすい環境づくりを大切にしており、保護者さんからの要望や意見にも誠実に対応してくれます。成績下位で勉強にやる気を無くしているお子さんでも、主体的に勉強に取り組めるように立て直しをしてくれるノウハウを持っています。

    【理由 2】他社より安い
     【1000円/30分】と授業料が他社より安いです。急な用事など、授業を行わなかった分は月謝から引いてもらえます。また、テキスト購入を強制されないのでさらに安くなる点にも、良心的なものを感じます。

  •  

サブコンテンツ

このページの先頭へ