「勉強の仕方」の記事一覧

中学生、高校生の勉強法についてまとめています。

中3生が高校の受験勉強を1月から間に合わせる唯一の方法

1月から受験勉強を始めるという、きわめて切羽詰まった状況から挽回するには、弱点教科を大幅に伸ばすことです。60点を80点にするには苦労する割に20点アップにしかなりません。しかし、10点を50点にしていくことで最小限の努力で40点アップを狙うのです。

偏差値40の中学3年生が学力をあげるには家庭教師と塾、どちらがいい?

偏差値40の中学3年生を志望高校に合格させる方法でご紹介している通り、偏差値40の中3生を志望校に合格できるレベルにまで鍛え上げるには、受験勉強方法の工夫が必要となります。

中3生が高校の受験勉強を12月から間に合わせる唯一の方法

結論から言うと、12月から初めて点数を飛躍的に伸ばすには、これしかないという方法があります。点数を稼げない教科というのは、逆に伸びしろがありますので、ここを徹底的に強化する方法を取ります。ただし、塾や自力での勉強では間に合いません。

通信教育を子供にやらせても、まず続かない

学校の外でできる子どもへの教育として、塾・家庭教師に加えて通信教育という選択肢もあります。通信教育は比較的安価でできますし、忙しい子どもでも空いた時間を使って勉強することが可能ですし、最近ではタブレット端末などを利用したWeb学習も可能です。

好きなものを追求出来る子は勉強が出来る

「子どもが好きなことばかりに熱中してちっとも勉強に集中していない」という悩みを抱えているあなたに朗報です。

どちらがベスト?学習塾と家庭教師

学習塾と家庭教師のどちらがベストかということですが、これはもちろんどのような授業を期待するかによって変わってきます。

苦手科目と得意科目は同じように勉強してはいけない

誰にでも、苦手科目もあれば得意科目もありますよね。好き嫌いも当然、出てきます。

理系科目は得意だけど、文系科目は苦手だという人もいれば、その反対という人もいるでしょう。文脈の読み取りは得意だけれど、計算が苦手だという人もいるでしょう。

【勉強の仕方】勉強はまとまってやるよりも、毎日少しずつ取り組んだほうが成績が上がりやすい

【勉強の仕方】勉強はまとまってやるよりも、毎日少しずつ取り組んだほうが成績が上がりやすい 「テスト前だけまとめて勉強をしても意味がない」「毎日、コツコツと勉強する方が絶対に成果が出る」。これは勉強の仕方としては的確な言い方です。でも、ここでいう「コツコツ勉強する」とは「毎日休まず勉強をする」という意味で、例えば1つの単元を何日にも分割して勉強しなさい、という意味ではありません。

成績をあげたければ睡眠時間を絶対に削るな!

中学3年生や高校3年生の受験生達が必死に眠気と戦っている姿をよく目にします。毎晩、寝る時間を惜しんで夜遅くまで勉強しているのでしょう。気持ちはよく分かります。

時には勉強をサボってしまうのも仕方がない

「努力は報われる」。私もよく使う言葉です。

頑張ることは確かにとても大事です。何もせずにじっと腕を組んでいても、結果は出ません。しかし、頑張れば必ず結果が出るかといえばそれも絶対ではありません。つまり、結果を出すのに適した頑張りを行っていなければ、じっと腕を組んでいた人間と結果は同じになってしまうのです。

根性論を唱えよるよりも、ここでは効率的に少しでも楽しく勉強ができる方法を山登りに例えてご紹介したいと思います。

成績不振の生徒専門の家庭教師が使う裏技的指導法

成績不振の生徒さんを指導する際、私には流儀があります。裏技的指導法と呼ぶには大袈裟ですが、ご紹介したいと思います。

管理人プロフィール

後悔しないための正しい家庭教師の選び方」へようこそ。当サイト管理人である私の、プロフィール紹介をさせて頂きます。

第2次ベビーブーム期に生まれましたので高校・大学と厳しい受験戦争をなんとか生き抜いてきた人間ですが、大学時代に学問の真の面白さに気づき大学院まで進学しました。研究者になることを夢見ていましたが諸々の事情で諦め、現在は塾講師として働いております。

サブコンテンツ

このページの先頭へ