「家庭教師を活用するための基本」の記事一覧

無理強いさせたら、家庭教師も塾も予備校も全部意味がない

「子供に勉強の無理強いはしたくないけれど、まったく学習意欲の無い子供になってしまっても困る」

「机に向かってはいるけれど、本当にやる気があるかどうか分からない」

「先生から上手に勉強するように仕向けてほしい」

と親御様から色々な声を聞きます。ご心配される気持ちもよく分かるのですが、もう少しお子様のポテンシャルを信じてあげてほしいと私は思います。

家庭教師を始めたことを褒めてあげよう

褒めて育てる事の重要性はどなたもご存知だと思います。いくつになっても褒められて嬉しくない人間はいません。ここでは「褒める」についてお話したいと思います。

家庭教師に効率良く教えてもらうために注意すべきこと

家庭教師に見てもらうのは週1回、1~2時間といったところが多いでしょうか。この限られた時間のなかで何をするのか。何ができるのか。ここでは、家庭教師に効率良く教えてもらうために注意すべきことをお話したいと思います。

勉強を見てもらうだけではモッタイナイ 家庭教師に相談すべき3つのこと

家庭教師は子供の成績を上げるのが一番の仕事ですが、週1回、1~2時間でも顔をあわせていれば緊密な関係になってきますので、その他にもお役に立てることが色々とあるはずです。ここでは、家庭教師に相談すべき3つのことをお話したいと思います。

週1回の家庭教師の時間を最大限に活用するために身につけるべき習慣

家庭教師に見てもらうのは週1回、1~2時間といったところが多いでしょうか。目前の定期テストや模試、受験までに残された時間との兼ね合いを見ながら、子供の理解力と効率を総合的に判断して教師は毎回、指導プランを立てています。この限られた週1回の家庭教師の時間を最大限に活用するためには、お子様はどのような習慣を身につけるべきなのでしょうか。

サブコンテンツ

このページの先頭へ