「子供の成績をあげるための親としての心構え」の記事一覧

7月から中3生が高校の受験勉強に間に合わせる方法

結論から言うと、7月から初めて点数を飛躍的に伸ばすには、これしかないという方法があります。

 

7月から受験勉強を始める場合、弱点教科を大幅に伸ばすことです。60点を80点にするには苦労する割に20点アップにしかなりません。しかし、10点を50点にしていくことで最小限の努力で40点アップを狙うのです。

勉強が苦手な中学生の成績を伸ばしたいご家庭に緊急連絡!

勉強が苦手な中学生の中学校での実態 実は、管理人は中学校の事務室で仕事をしていた経験があります。給食費の支払いや図書室の運営などを任されていたのですが、中学校に勤務していると、勉強が苦手な中学生の実態というものがよくわかりました。

不登校のお子さんの勉強の遅れに対する、親の3つの対応

不登校のお子さんの勉強の実態(中学校) 管理人は、中学校の教育現場に臨時職員で働いていた経験があります。事務室の職員だったわけですが、そこで見てきた実態も踏まえてお話ししたいと思います。お子さんの不登校の原因は、ほぼ100パーセントの子が人間関係に悩みを抱えてのことでした。会いたくない人がいるので学校には行きたくない。そうして休んでいるうちに、どんどん学校に行きずらくなって、ほかのクラスメイトにも顔を合わせずらくなってどんどん敷居が高くなっていくわけです。

家庭教師を依頼してから、学力が上がるまで、どれくらいかかる?

家庭教師に子どもを任せている時、親として一番気になることの一つはその成果がいつ表れるかということです。時間やお金のことを考えると、あまり悠長に構えてもいられません。

『なんで勉強するの?』という子供の質問に、あなたはどう答えますか?

月並みではありますが、いつの時代でも子どもが抱くのが「なんで勉強するの?」という疑問です。ほとんどの子どもは、ただ大人に言われるがままに勉強をこなしています。

勉強嫌いの中学生が、自分から勉強するようになった理由

どれだけテストで赤点を取ったって意地でも机に向かおうとしなかった勉強嫌いの中学生が、ある時から急に心を入れ替えて自分から勉強をするようになる……そんなドラマのような話も教育現場にいれば毎年必ず見かける光景です。

叱れば叱るほど、子供の成績は悪くなる ~勉強しろと説教する親が抱いている一つの大きな誤解~

子どもの成績が悪い、特に子どもに勉強する気が見られないとつい叱ってしまうものです。しかし、叱ることで子どもの成績が改善されることはありません。それどころか悪くなっていく一方です。

子供をモノで釣ることの弊害~『テストで100点取ったらお小遣いちょうだい』という私にNoと言った親~

子どもの学力をアップさせるためには子どもの勉強に対するモチベーションを維持することが大事。このことから子どもをモノで釣って机に向かわせる親も中にはいますが、こういった勉強のさせ方には罠が潜んでいるので要注意。

どんな優秀な家庭教師にみてもらっても、成績が上がるまでには時間がかかる

家庭教師を呼ぶ親がよく犯してしまいがちなミスは結果を急いでしまうということ。タイトルの通り、家庭教師の実力が子どもの成績に反映されるまでには時間がかかりますし、これは講師がどれだけ優秀でも同じことです。子どもが頑張っている姿を見るとついつい結果を焦ってしまうのが親心ですが、ここは気持ちを抑えて長い目で見守ることが必要となるのです。

学力アップの取り組みは、遅くても中学1年までには始めておきたい

「何年生から塾に通わせたら、家庭教師をつけたら高校受験に間に合いますか?」と質問されることがあります。「高校受験は中学3年生からでも十分間に合う」と思っている方もおられます。高校さえ選ばないのであれば、確かに間に合います。

勉強以外に夢中になれるものを持っている子供は強い

保護者の方から相談を受けるときに、多い話題の一つが「習い事をやめさせるべきか」「部活をやめさせるべきか」ということです。

「中学受験生である」「高校受験生である」という視点で考えれば、学習時間が多ければ多いほど成績が伸びるチャンスは増えるわけですから、教師の立場としては「勉強だけに集中した方がよい」とお答えすべきかもしれませんが、勉強以外に夢中になれるものを持っている子供の力を軽視すべきではないと思っています。

子供に1日30分勉強する習慣を早めに身につけさせておけば、数年後に差が出てくる

「お子様が勉強しない、成績が伸びない」とお悩みの声をよく聞きますが、学習習慣が定着していないことが一番の要因だと思います。

習慣づけというのは、おとなになるほど身につきにくくなります。歯磨きなどの他の生活習慣と同じで、最初は親の手を借りながら、少しずつ一人でできるようにしていかなければなりません。

家庭教師に教えてもらいすぎると学力は低下する?

ある調査によると、食事・運動・室温などの環境を管理された施設内で生活したグループと、特に管理しないグループとを比較したところ、病気になる確率が低いのは後者の管理されていない人達だったという結果が出たそうです。
意外ではありませんか?

勉強にやる気のない中学生を持つ親御さんに緊急連絡!

「今日は勉強をしなくてもよい」と自分に甘い言葉をかけ、思いっきりサボることも時には大切です。身体も心も脳も元気になったら、またやる気がもどってきます。

 

勉強にやる気がない中学生といっても、波があるのです。できる日もあれば、できない日もあります。気持ちがついてこない時もあります。そんな自分を受け入れながら、受験という長い道のりを歩んでいけばいいのです。

勉強にやる気が出ない中学生のモチベーションを引き出す奇跡の方法

勉強にやる気が出ない中学生のモチベーションを引き出すために知っておいていただきたいのですが、「13歳のハローワーク」という本をご存知でしょうか?現在も多くの小・中・高等学校での授業の教材や参考図書として採用されているのだそうです。この背景には「キャリア教育」を推進する動きが活発になっていることがあげられます。

成績が上がったら、お小遣いを上げるのは正解か?

ある研究所が行なった調査結果によると、子供が家の手伝いなどをした時に「お駄賃」を渡す親は55%、成績が上がったり、試験に合格したりした時などに「ご褒美」を渡す親は64%いるそうです。

頭の体力に合った勉強をする

疲労が蓄積すると身体が痛くなったり、動かなくなったりしてしまいます。「身体の体力の限界」は分かりやすいですよね。「頭の体力の限界」も同じです。長時間、勉強をしていると、集中力や思考力、記憶力が下がってきます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ